教育について

教育の道を志すことの意味と決意

人を教え導くことの大切さは、大人になってから実感する方が多いでしょう。
大人になり社会に出ると、自分より立場が下の人に対して、指導するという機会が必然と出てきます。
それは年功序列の社会のあり方から、そういう機会が増えるということです。
自分より立場が下の人を教え導くことは、人生経験が豊富でないと難しいところがあります。
それは学校教育の教育者である教師も同じことがいえます。
教師の仕事というのは他の仕事よりも、立場が下の人間を指導するという意識を高く持たなければやっていくことが難しい職業です。
人を教え導くことというのは、人生経験が浅い子供にとっては大きな影響を与えることでもあります。
それを意識すると、仕事に対するプレッシャーに押しつぶされてしまって、他の仕事をやりだす教師がいるのもわからなくはないことです。
つまり教師という職業は、人の人生を左右するほどの影響力を持つ仕事なので、生半可な気持ちで志してはいけない職業だということです。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.