教育について

昔と今の教育現場の違いに関して

亡くなった父がよく言っていたのが、昔の今の教育現場の違いでした。
体罰は絶対にダメですが、昔の教師と生徒には信頼関係がありました。
それは父兄も同じで、一旦学校に子どもを預けたなら、先生に全てを委ねるというのが基本的な考えでした。
学校は教育委員会の顔色を伺うようになり、思っているような教育が出来なくなってしまいます。
これは由々しき問題で、公立学校離れの要因にもなっているのではないでしょうか。
抜本的な解決方法としては、教員採用の見直しではないでしょうか。
年齢制限に幅をもたせることで、多様な人材が集まるようになります。
教員資格を持っていても働いていない方は多いですし、潜在有資格者の掘り起こしをすることではないでしょうか。
大学が全入時代になっていることで、競争激化の時代になっています。
良い企業に就職をするには、良い大学に入ることが一番の近道です。
自分を信じて突き進むことが重要ですし、そうすることで夢が叶うはずです。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.